高濃度水素水を作れるキット

CONTENTS

『水素水 比較』
最新ツイート

@muryouapuri

無駄知識 水素水だとかマイナスイオンだとか大抵は嘘八百 しかしながら知識のない大衆は騙されてしまう こういったものは大抵データが曖昧で比較対象実験がなされていない。これらを総称して疑似科学という

1日前 - 2018年09月22日


@SuisosuiUniv

フィットネス業界への水素水ウォーターサーバー導入実績No.1企業がつくった。水道直結型で、水素濃度1.0ppmの高濃度を実現。ガウラHⅡ-GAURAの実力と弱点を徹底比較!⇒https://t.co/47UQB4EHTa https://t.co/L8PoiSy9pR

1日前 - 2018年09月21日


高濃度水素水と水素水を比較

高濃度水素水と水素水を比較 高濃度水素水と水素水の大きな違いは、水素の含有量です。
製品にもよりますが、市販品の水素水の水素含有量は1mg/Lあたり0.8ppm程度です。
一方、高濃度水素水は1mg/Lあたり1.5ppm以上で、より多くの水素が含まれています。
中には20000ppmを超えるような含有率を謳った製品もあります。
炭酸水を想像して頂くと分かりやすいと思いますが、水素水もペットボトルやアルミパウチのパッケージを開封したりグラスに注いで放置したりすれば、その瞬間に水素は僅かながらとはいえ、空気中に抜け出て行ってしまいます。
ですから、初めから多くの水素を含んでいる高濃度水素水なら、水素水と比較して体内に取り込むことの出来る水素の量が増えることになります。
当然、価格が高くなってしまいますが、長期にわたって少しずつ使用するなら高濃度水素水、その日のうちに使い切ってしまうなら水素水など、使用目的や費用対効果を考えて選択することになります。

高濃度水素水で効果が変わる!?

最近よく耳にするようになった水素水は、活性酸素を除去する抗酸化作用が注目されています。
水素水の濃度は、ppmという単位で表されますが、 現在発売されている水素水は、1.0ppm前後~1.6ppmの濃度になっています。
一方最近で3.0ppmや7.0ppmといった高濃度水素水も販売され、濃度の高さと効果の因果関係が主張されています。
ただ、重要なことは、生産から飲む直前までの間に、どのくらい高濃度が維持できているかで、せっかく高濃度水素水が作られても、購入して口にするまでの保存期間に、水素が抜けてしまっては意味がありません。
そこで重要となるのが水素水の容器です。
水素は、あらゆる物質の中でも、最小の分子のため、容器から逃げやすい性質となっています。
そのため、どんな容器に入れるかで濃度のキープ度合いが変わると考えられています。
一般的には、ペットボトルやアルミ缶、アルミパウチなどが利用されていますが、ペットボトルは保存にむきません。